前年の明治21年4月には憲法制定にむけて天皇の諮問機関として枢密院が設置され、伊藤博文が初代議長に就任し、同月には第2代内閣総理大臣に旧薩摩藩出身の黒田清隆が就任し、黒田内閣が成立、9月には翌年の議会開設に向けて帝国議事堂(初代)が着工となり、明治22年2月11日の紀元節に国民が待ちに待った大日本帝国憲法が公布され、前月に竣工した新築の皇居(明治宮殿、1889~1945)で大日本帝国憲法・貴族院令の発布式が開催された。また、この日の各地の記念式典では、全国民が等しく高唱して憲法発布を祝えるようにと旧來の万歳「まんせい」の読みを東北地方の国民も発音しやすいように「ばんざい」と改められたが、2月にはクリスチャンの文部大臣・森有礼が暗殺され、外務大臣の大隈重信が襲撃されるなど、黒田内閣に試練にさらされることとなった。11月には第3次山縣内閣が組閣し、12月には自由民権派の板垣退助が「愛国公党」(板垣退助・党首)を結成した。

 

 

【参考年表】

 

・1月  新築の皇居が竣工

・2月  大日本帝国憲法(明治憲法)が公布

       文部大臣森有礼が暗殺される

・10月 東海道線(新橋~兵庫県の姫路)が全通

    大隈重信(外相)国粋団体の玄洋社の社員に襲撃される

・11月 第3次山縣内閣が組閣

・12月 愛国公党(板垣退助・党首)が結成

・この年、日本と欧米諸国と相次いで条約改正

・この年、朝鮮国が防穀令を布告

 
 

第2代首相・黒田清隆内閣

http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/02.html

第3代首相・第1次山縣有朋内閣

http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/03.html

 
 
m22jpg