明治34年の4月29日に大正天皇の第一皇子として青山の東宮御所で迪宮(みちのみや、のちの裕仁、後の昭和天皇)が御生誕となり、皇室の伝統に従い、皇太子は生後70日で、川村純義伯爵により養育されることになった。一方、国内では5月に社会主義者の幸徳秋水と片山潜、安部磯雄、木下尚江らの5人のクリスチャンが創立者となり、平等主義、軍備撤廃などを掲げる「社会民主党」(初の社会主義政党)を結成、同月には閣内不統一で第4次伊藤内閣が崩壊して総辞職した。6月には第1次桂太郎内閣が組閣してロシアとの外交問題がにぎやかとなり、12月には栃木県の公害事件の足尾鉱毒事件で元衆議院議員の田中正造が天皇に直訴する事件が発生した。

 

 

【参考年表】

・4月 裕仁親王(昭和天皇)が誕生

・5月 第一回メーデー

    社会民主党(初の社会主義政党)の結成

・6月 第一次桂内閣組閣

     官営八幡製鉄所(後の新日鉄、現・日本製鉄の前身

    のひとつ)が開業

・10月 日英同盟の交渉開始

・12月 足尾鉱毒事件で田中正造が天皇に直訴

・この年、ハワイ移民の渡航解禁

・この年、義和団事件を受けた「北京議定書」が締結

・この年、朝鮮半島でソウル(京城)~釜山間の京釜鉄道工事

     はじまる

 
 

第10代首相・第4次伊藤博文内閣

http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/10.html

​第11代首相・第1次桂太郎内閣

http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/11.html