金融恐慌の責任をとる形で辞任した若槻内閣の後継、陸軍軍人から政治家に転身した田中義一(外相兼任)の内閣は、中国の革命が満洲に及ぶことに神経をとがらせ、中国問題に積極路線に転じ、昭和2年6月に閣僚・外務省の首脳陣・中国公使・軍部首脳陣を集め「東方会議」を開催した。その結果、内戦状態の中国大陸で日本の権益が侵される恐れが生じた時は、断固たる措置で臨み、満蒙(中国東北部と内蒙古)を日本の支配下に置く「対支政策綱領」など決定した。昭和3年3月に蒋介石の北伐軍が広州から北上し、山東省に接近、4月末に山東省の済南(チーナン)に10万の兵が迫ると、「居留民保護」を大義名分に、済南に出兵(第二次山東出兵)、済南で起こったささいな事件を契機に軍事衝突(済南事件)が発生した。日本から派遣された第六師団と支那駐屯軍の攻撃で約3600人の戦死者を出すも5月に済南を占領したが、蒋介石の国民党軍(北伐軍)は済南を迂回して北上したため、「第三次山東出兵」は肩すかしとなり、日本の軍事干渉の試みは失敗に終わった。関東軍は満洲を支配していた軍閥の張作霖に北平(北京)から奉天(今の瀋陽)に引き上げるよう勧告、6月4日に奉天郊外で張作霖が乗車する列車を爆破して殺害(張作霖爆殺事件)、事件の混乱に乗じて満洲(中国東北部)を中国から分離する工作を謀り、10月には満蒙領有論を構想する陸軍大学校教官だった石原莞爾(いしわらかんじ、1889~1949)が関東軍作戦主任参謀として満洲に赴任した。

 

 

​【参考年表】

 

・1月 衆議院解散

・2月 普通選挙法施行後の最初の国政選挙(民政党が第一党に)

・3月 共産党弾圧(三・一五事件)

・4月 第二次山東出兵

・5月 第三次山東出兵

・6月 満洲某重大事件発生(日本軍が張作霖を爆殺)

    治安維持法が改正

・7月 国民革命軍が北京入城したことで、中国の首都が南京となる

   (北京は北平と改称)

・8月 パリで不戦条約調印

・10月 石原莞爾が関東軍作戦主任参謀として満洲に赴任

・11月 昭和天皇即位式典(京都、御大典)

 
 

第25代首相・第1次若槻礼次郎内閣

http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/25.html

第26代首相・田中義一内閣

http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/26.html

帝国議会解散(1/21)

第16回衆議院議員総選挙(2/20)